手づくりの理由【アレルギーってそもそも何?】

ご覧頂きありがとうございます。
このカテゴリ「手づくりの理由」では、いろいろ考えることを真面目に
書いてみたいと思います。内容は主観を含みますので予めご了承ください。
かなり面倒くさい内容ですから、ご興味のある方だけお読みください。

手づくりの理由【アレルギーってそもそも何?】

よく、抜け毛や湿疹などの症状になるワンコがいますね。
中には、ひどい症状に苦しむ可哀想な子もいます。
具体的には、下痢や嘔吐、多発性耳感染症などなど
これは「アレルギー」ですね…。

で、ここで素朴な疑問として、
それじゃ「アレルギーってなに?」
でもって「アレルギーってどうすればいい?」となりますが…。

「アレルギー」は体の拒否反応が過剰に現れたもの…なわけです。

人間にとっての花粉症を想像してもらうと判りやすいです。
クシャミ、鼻水、涙…などで「アレルゲン」を体外に追いやろうとします。
また、腐ったものを食べてしまった場合も同じです…ウェッと吐きますね。

ワンコも自分の体を守ろうと「免疫機能」が反応しているのです。

この「免疫機能」が働くことを「アレルギー」と言っているのです。
つまり、悪いものを体が拒否して排出しようとしているのですから、
「免疫機能」自体はむしろ大切なのです。
ただ、「アレルギー」になるほど過剰反応する事が問題なのです。

「アレルギー」は放っておいて良くなるものではありません。
ネコも含むペットの「アレルギー問題」は最近になって特に深刻です。
これは、遺伝や生活スタイルの変化に伴うストレスであったり、
食べ物の中の「特定タンパク質」が原因だろうと考えられます。

まぁ、生活スタイル自体はおいそれとは変えられないし、
遺伝が…も、もちろん無理なので、
原因となる「アレルゲン」を特定し、
食べさせないようにするというのが一般的な「アレルギー」への対処です。

ただ、人間などもそうですが、
「ソバアレルギー」や「ピーナツアレルギー」のように強烈なもの、
「アナフラキシーショック」以外にも、
(アレルギー反応が強すぎてショック状態になる危険なもの。)
この「アレルゲン」なるもの、かなりたくさんあるんです。

ワンコの場合は、「代表的な食物タンパク質」として、
(牛肉、鶏肉、小麦、鶏卵、トウモロコシ、大豆、乳製品などがあります。)
また、コメ類などが「アレルゲン」となる場合もあります。

そして、この「アレルゲン」は往々にして、
複数の食物に反応することもあります。やっかいなんです。
例えば、米類と肉類(牛肉、とり)おまけにトウモロコシとか…。

もう、こうなると飼い主さんはパニック状態です。
「何を食べさて良いのやら?」途方にくれてしまいます。

しかも、「アレルゲン」の検査はとても高価で、
検査自体がワクチンのようなものですから、
新たな「アレルゲンを誘発する」リスクもあります。

「じゃ、一体どうすればいいのよっ?」
と、なるわけですが、有名な「須崎先生」も書いておられるように、
ワンコの「免疫機能」を改善するために「消化吸収」をしっかりできる、
身体づくりが一番でないかと「wanpakugohan」は考えます。

「消化吸収」をさせるということは、腸を動かすこと…。
栄養をしっかり分解して、きちんと吸収するという、
生き物本来の行為を取り戻して、身体を「活性化」させること。
つまり、「手づくりのゴハン」にする、ということです。

そもそも便利な「ドライフード」は内容物の明記が怪しいばかりでなく、
問題の「タンパク質」などが凝縮されており、
ワンコ本来の消化吸収機能を活性化しませんが、吸収率は良いのです。
さらに、「高機能フード」はそれをさらに吸収しやすいように、
様々な研究を加えているのですから、ワンコの負担はさらに少ないのです。

「なんだ、負担が少ないのはイイことじゃん…。」
と思われましたか?

いいえ…。
少ないということは、必ずしも良くありません。
要は使わないのですから、消化機能は「減退」します。
(これらが良いのは、もう自力で消化吸収できない子だけなんです。)

「減退」するということは、「タンパク質」をしっかり分解できなくなり、
蓄積した「アレルゲン」が免疫機能に引っかかり、過剰反応を起こす。
つまり、少し強引なようですが、高機能になればなるほど
「アレルギー」を誘発する可能性があるということです。

おまけに、「アレルギー」対策としての、
療法食や高機能加水分解フードなどは、
その「アレルゲン」自体ですら、
吸収させないようにするというものですから、
これは徹底しています。しかもよく考えると物凄く高価なんです。
(これらと比べると、「wango」の方が安い場合もあります。)

ここまででお気づきになった方もいるかと思いますが、
「アレルギー」に対する食事療法は
これまでのところすべて、「対処療法」なんです。

原因を解決する訳でなく単にスルーしています。
「臭いものには蓋をする」という、アレです。

高い検査費用を出して、高価な対応食を食べさせたのに、またなった!!
実によく聞くお話なんですが…。
仕方ないんです。原因となっている問題は放置されていますから。

この「アレルギー」、ワンコだけでなく人間にとっても深刻ですよね。
ところで、アフリカの方は「アトピー」とかになるんでしょうか?
昔の人は「花粉症」になっていたでしょうか?
もちろん、ほぼありませんでした。(ゼロ…ではなかったでしょうね。)
そう思うと考えされてしまいますよね…。

※人間の場合、原因は食事だけだはありません。
生活環境など様々な要因があり、もっと複雑ですからご注意を。

ワンこの場合は、
体が小さいことと、食事に占める影響が大きいということで…。
食事が大きなウェイトを占めます。
でも、人間と同じように昔は「アレルギー」は少なかった筈です。

まとめると…
「アレルギー」は、体を守るための「免疫機能」
「アレルギー」は、その「免疫機能」を高めることが根本的な解決。
そのためには、ちょっとのことに過敏にならない、「元気で強いカラダ」を作りたい。

…となります。


ここまでお読みになっても、
あなたは、さらに高いお金や貴重な時間を費やし、検査します?
高機能ドライフードを替え続けます?


中には、検査したらトリがダメだったので、
ラムにしたら一時良くなったがまた再発した…なんてケースも。
その次は、例えばナマズ(!)とかワニ(!)ですか…。
まったく笑えないケド…。

「wanpakughan」は、
検査やドライフードを決して全否定しているのではありません。
大切だし、便利です…しかし、

「かわいい我が子のためにどうにかしたい…」

そんな切実なお気持ちに触れると、
「う〜ん」と考えさせられてしまいます。なんとかお力になれれば…
という想いでお店をやったり、こんな文章を書いているのです。

次回では、
「アレルギー」と「手作りゴハン」についてもう少し書きたいと思います。

※書いてあることが全て正解というワケではありません。
しかし、実際の経験からのお話ですから、
何らかのご参考に…役立て頂ければと思います。

時々考える真面目なコトを、書きとめてみたくて始めたので、
すいませんが、文章が上手くまとまっていない場合もあります。
※多分に個人的な意見を含みますので、内容の賛否はご容赦ください。
[PR]
by wanpakugohan | 2012-10-01 14:13 | 【手づくりの理由】


【wango】blog


by 【wango】

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

3月5日(日)「神戸わんわん..
at 2017-03-04 23:41
【wango】12月4日神戸..
at 2016-12-01 17:22
パナのルミックスLX100…..
at 2016-11-23 16:15
週末に名古屋市西区に出かけま..
at 2016-11-15 20:33
本日天気はアレですが営業に出..
at 2016-11-14 17:22

カテゴリ

【wango】の日記
 
【手づくりの理由】
 
【wango】イベント
 
【wango】のゴハン
【wango】季節商品
【wango】のオヤツ
 
【wango】旧記事

以前の記事

2017年 03月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ブログパーツ

その他のジャンル