カテゴリ:【手づくりの理由】( 10 )

【手づくりの理由】千葉県 H様 と よしこちゃんのおはなし

【お客様の声】千葉県 H様 と よしこちゃんのおはなし

少し前にブログでも軽く紹介させて頂いたんですが、
お話に感動してしまい…
お客様に無理を言ってお写真を送って頂きました。

H様、かわいいお写真をありがとうございます。

e0246661_2212719.jpg

なんか若々しいデスよね。
e0246661_2214491.jpg

お散歩中かな。
e0246661_222481.jpg

笑顔が最高です。

16歳のヨーキー、名前はよしこ、と言います(笑)
今朝も御社様のおうどんをきれいに器まで舐めて食しておりました(笑)

2キロちょっとの小さな子です(ヨーキーとしては普通ですが)

私が手作りご飯を始めたきっかけですが・・・・

昨年、16歳と1か月の時に子宮蓄膿症になりました。
よしこの場合は膿が外に出ず
気が付いた時には症状もかなりすすんでおりました。

16歳という高齢で、手術は私ども家族にとりましては苦渋の決断でした。
しかし、手術しか助かる道はなく僅かな可能性に賭けるしかありませんでした。
手術前にはかなり衰弱しており先生にも手術中に・・・・ということも
可能性としてはありますと、言われておりました。本当に辛い出来事でした。
幸いにも手術は成功しました。
高齢と言う事もあり、術後の経過もかなり心配されましたが
とてもとても順調に、回復致しました。
その時に、感じたのです。「この娘は、生きたいと願っている」
小さな体なのに、なんと強い生命力を持っているのだろうと。
病院の先生も「よっちゃんは、本当に頑張ってくれました」と。

子宮を摘出すると同時に卵巣に腫瘍が見つかり卵巣も摘出したのです。

年齢を考えますと、彼女の生命力はすごい!と思います。
退院後の定期検診で、腎臓機能の低下が見られ
年齢的にも無理はないと感じておりましたが、
できるだけ、健康な状態で過ごさせてあげたい、一緒にいたいと思い、
犬も人間と一緒であるように、食生活に気を付けてみようと思いました。
初めは完全に私の手作りでしたが
仕事を持っているため、仕事が忙しくなると、かなり大変でもありました。
そんな時に、御社様の存在を知ったわけです。

話が戻りますが、腎臓機能が低下しているということから
腎臓病にかからないように・・・ということもあり
定期的に輸液やお薬を今年の初めくらいまで
続けていたよしこでしたが・・・・
飼い主としましては、出来るだけお薬等は避けたかったです。
なんとなく・・・お薬がなくても大丈夫ではないかと思い、
独断ではありましたが、止めてみたのです。
今年の初めにお薬の服用を止めて、
5月に入ってから、フィラリアのお薬を頂くことも兼ねて
簡単な血液検査を病院で行ったところ、
本当に驚くべき数値になっていたのです。
腎臓の値が、まったくの正常値に戻っていたのです。
若い子なら、可能性は十分に考えられますが
高齢のよしこが・・・・。
勿論、他の数値もまったく問題ありませんでした。

いかに、食生活が大切であるのか
改めて痛感致しました。
病院の先生も本当に驚かれていらっしゃるのです。
「よっちゃんは、本当に若々しいわ」と。
病気にかかりました頃は、ショートにしておりましたが
今また、フルコートに戻り、
先生からも毛の伸びが早いということや
毛艶が良いとも言われております。
毎日元気に走ったり飛んだりしております(笑)
その源が御社様のご飯です(笑)
御社様のご飯が本当によしこはお気に入りなのです。
そして、よしこが元気に健康になったのも
御社様のお陰でもあると、思っております。

大変なことも多々あるかとは存じますが、
これからの御社様のご活躍に期待しております。
一人でも(一匹でも)多くのわんちゃんたちの
健康を願ってやまない、一人として・・・・

よしこは今夜は南瓜とチーズのくるくるパスタかな
スタッフのみなさん、がんばってくださいね~

H様、たびたびありがとうございます。
有り難いコントを励みに頑張りますっ。


お読み頂いた方へ…
「手づくりゴハン」の良さを少しでもお伝えできれば
という思いで掲載させて頂きました。
お読み頂きありがとうございました。

これから「手づくり」を…とお考えのかたのご参考に。
[PR]
by wanpakugohan | 2015-04-03 06:59 | 【手づくりの理由】 | Comments(0)

【手づくりの理由】当店に「おじや」がない訳は…

【手づくりの理由】当店に「おじや」がない訳は…

今回はおじやについて…。

よく手づくりゴハンでは「おじや」が紹介されますが、当店には基本ありません。
もちろんお店なので楽チンな「おじや」は商品的にどうか…なんて考えもあります。
せっかくご注文頂くのだから、お店らしい手間のかかった商品でないと…。

ただ、そんな理由以外にも「おじや」を作らない訳があります。
正確にはレギュラー商品として販売しない(季節商品としてはアリ)という。
それは、
「おじや」が好きなワンコが意外に少ない…その1
「おじや」ばかりを与えると良くない…その2

の大きく2つの訳があります。順番にご紹介します。

その1
手づくりだと匂いや美味しさがあるので、「おじや」でももちろん食いつきは
良いのですが、他のレシピと与え比べると明らかに食べづらそう…。
実際、サンプルで食べてもらったコの中で、食べ疲れて途中でギブしたコも。
便利で簡単な「おじや」ですが、みんな大好き…とは限りません。

これまでお店をやっている関係で、いろいろなコの食生活事情を伺います。
「おじや」系では、自宅の手づくりゴハンを食べず、オヤツしか食べない…しかし
【wango】なら食べる…これはなぜ?というご質問もありました。

いや、これは難しい質問ですよ…。

はじめは、単なる食べず嫌いかと思いましたが、ほんとは違いました。
伺うと、ご自宅では「おじや」がメイン。というか「おじや」レシピのみだそう…。
どこかの手づくりサイトで「おじや」最高との記事を読まれたらしい。
具材は、お肉や野菜をいろいろ変えているらしいのですが、でも食べない…。

やっとここで、ピンときましたよ(笑)。

そのコは食感が嫌いなのです。もっと言うと歯が悪い…果たして当たりでした。
10才ぐらいのコですがやはり歯が悪い。つまりベタベタする食感が嫌いなのです。
普通なら逆に歯が悪いから流動食タイプに…となりそうですがワンコの場合は、
逆にベタベタする物を嫌う傾向があります。この辺はちょっと不思議ですが、
まとわりつく感じがイヤなのでは?と勝手に想像しています。
当然、だからオヤツしか食べないんでしょう。
【wango】なら食べる理由も分かりましたね。

確かに「おじや」は消化吸収には良いでしょうが、消化器官に負担が軽い分、
消化吸収のための機能をきちんと働かせていないという事実もある訳で…。
何よりゴハンにとって大事なのは「美味しく食べれること」ですよね。

その2
ご自宅で手づくりすると、10食や20食ぶんぐらいまとめて出来ちゃいます。
しかもそれが「おじや」だと、続けて半月や1ケ月もの間、「おじや」だけ。
同じものだけはアレルギー等の危険も大ですが、この場合問題なのはデンタルケア。
やっぱり「おじや」は歯に残ります。これが歯石や歯垢、虫歯のもとに。

もちろん、カリカリだって何だって残るんでしょうが、比べるとやはりもっと
残る…歯が悪くなるとワンコもヒトと同じでカラダが弱くなります。
様々な病気の原因でもあります。結局は歯磨きすれば良いのでしょうが…。
という感じで、なにも「おじや」ばかりが悪い訳ではないんですけれど、
「おじや」を続けるのは都合が良くありません。


別に「おじや」を悪者にしたい訳ではありませんが、
このまえ、「おじや」を販売している某サイトで「おじや」なら健康になる…と。
一方的な宣伝があったので…そりゃ違うでしょという反論の意味もあって、
ちょこっと書いてしまいました。
なので「おじや」にはちょっと悪い気もしてます…。

多分に主観も入ってはいますが、
せっかく手づくりされる方の何かのご参考になれば…と思います。



おまけ

当店にも玄米のレシピはあります。中でもマグロじゃこなど「おじや」っぽい。
どうしても煮炊きするとべちゃっとした感じにはなります。ただ最低限の食感と
カタマリ感は残るように調理しています。また、玄米は白米に比べ形も残りやすい。

あと、ラム&ライスなどは日本料理の炊き合わせと同じで、材料の固さ等に合わせて
別々に煮込んであとで合わせています。見た目も良いし、食感も楽しめますよ。
ワンコに食感…これ意外にポイントです。

さらに、高齢のワンコは元々消化器官も弱っています。だから…「おじや」有効です。
ワンコの状態に合わせた「ゴハン」としては大いにアリですよね。
[PR]
by wanpakugohan | 2015-04-02 11:56 | 【手づくりの理由】 | Comments(0)

【手づくりの理由カテゴリーについて】

このカテゴリーは少々古い記事もありますがあえて残しています。
手づくりゴハンを食べて頂いての貴重なお便りの掲載もございます。
もしご興味がありましたら、ぜひご覧ください。
[PR]
by wanpakugohan | 2015-04-01 21:31 | 【手づくりの理由】 | Comments(0)

手づくりの理由【アレルギーって直らない?】

ご覧頂きありがとうございます。
このカテゴリ「手づくりの理由」では、いろいろ考えることを真面目に
書いてみたいと思います。内容は主観を含みますので予めご了承ください。
かなり面倒くさい内容ですから、ご興味のある方だけお読みください。

手づくりの理由【アレルギーって直らない?】

今回は、手づくりの理由【アレルギーってそもそも何?】の続き…
前回は「アレルギー」の仕組や検査…気になる矛盾や疑問を書いたので、
「手づくりゴハン」にできること…はなにか。をここで書いてみます。

※「wanpakugohan」は医師ではありませんし、もちろん論文を書くような
人でもありません。ただ、「手づくりゴハン」を通して得た知識や情報が、
何かのお役に立つといいな…という気持ちで書いてます。
なので、「手づくりゴハン」にしたらアレルギーが完治すると考えるのは、
かなり早計
であることもお知らせしておきます。

でも、「手づくりゴハン」にしたら、アレルギーは良くなる?
と聞かれれば、前項とは矛盾してますが、答えは「良くなります…」。

もちろん、すべてのワンコが良くなるわけでも、
「アレルギー」症状がすべて良くなるわけでもありませんが、
比較的軽度な、「アレルギー」の症状がなくなることは
実際に、かなりよくあることなんです。

涙ヤケ、口臭、痒み、湿疹、抜け毛、毛ヅヤ…などの症状には、
「手づくりゴハン」はとても効果的であるといえます。

これは、言われているだけでなく実際に「wanpakugohan」やその周り
のワンコ達の改善の様子をみていますから自信があります。

例えば当店の「アンドレ」の場合は、口臭がなくなった、耳あかがへった、
目やにが少なくなり、あと皮膚の状態や毛ヅヤが格段に良くなりました。

そして、このコは「アレルギー」を発症してはいませんでしたが、
35kg(やや肥満)〜25kg(かなりスリム)にダイエットしたことで、
とても「元気」で「活発」になりました。

知らない人から見たら「ちょっと痩せたね」ぐらいの変化でしょうが、
飼い主的には、これはもう、「劇的ビフオーアフター」です。
「おバカ」な性格は変わりませんが…(笑)。

アンドレは「手づくりゴハン」にして約1ヶ月で目に見えて変わりました。
このまま肥満を続けていたら…。「アレルギー」だけでなく、
いろいろな問題を引き起こしていたと思います。
「ゴハンの重要性」に気づいて本当によかったと考えています。

どれぐらい良かったと考えているかと言えば…。
自分で「手づくりゴハン」のお店を始めるぐらいです…(笑)。

※他のコや実際の当店のお客様からも「手づくりゴハン」の良さ
いろいろ伺っていますが、これは順次まとめながら書きたいと思って
いますのでまずは、身近なところから…。


長々と書いていますが、
つまり、今までの経験からすると…
「手づくりゴハン」は「アレルギー」に効きます。

「本当に良くなるの?」と不安にお思いのかたにこそ、
チャレンジして欲しいと思います。
きっと、数ヶ月もあれば驚くことになります。


※ただし、症状が慢性化したり、悪化しているワンコの場合は、
すぐに改善されないケースや効かない場合も実際あるようです。
必ずしも「すべてのワンコ」に効くわけではありません。

「wanpakugohan」では、これは良いと言って頂くことが多く、
ぜんぜん良くない…というご連絡はまだ受けたことがありません。
これは、理由があると考えていますが…そのへんは後で書きます。

なぜダメなコもいるのか?…いろいろ他で聞いたり調べたりすると、
「手づくり食」にしたが改善しないという場合は、
問題が「アレルギー」だけでなく、「他の疾患」や「高齢」
などの要素が重複している
ことが原因のようです。
ただ、「wanpakugohan」が思うに、そんな難しいコの場合でも、
「手づくりゴハン」にすることで、いくらかでも改善の手助けに
なっているのは間違いありません…。




あんまり書きたい事があり過ぎて、
だんだん分らんくなって来ました…。
そろそろまとめに…(笑)

なぜ、「手づくりゴハン」がいまいいのか?

「手づくりゴハン」のポイントは大きく2つあると思います。

1.ドライフードに含まれる防腐剤(酸化防止剤)や着色料、増粘剤、
膨張剤などを避けることができ、
なおかつ「手づくりの」良質な
栄養素を本来の機能(消化吸収)を活性化することで、
充分に吸収できるので新陳代謝を促進…結果として免疫力が上がり、
アレルゲンに対する過剰な反応を押さえ込む体力ができるから…。

多分に個人的な意見でもありますが、そもそもアレルゲンになる食品
を食べさせないようにするとか強い薬品(注射)で抑えるのはなく、
つまり、対処療法でなく根本治療(健康になる)が効かない筈は
ないのでは?
と考えています。

2.もともと体の小さい「ワンコ」は「ゴハン」の影響を受けやすく、
主食を変えることで、「良いメリット」が大きく反映する。
つまり、1.の効果を人間で実績するのは難しい…ヒトは犬より複雑。
でも「ワンコ」にとっては与えられる「ゴハン」がすべてだから。
「ゴハン」が良ければいろいろな問題が「改善」できるのは、
その体の「大きさ」を考えたら、ものすごく理解しやすい。
だから、「手づくりゴハン」は単純だけれど効きます。


3.(オマケ)
上で「wanpakugohan」はアレルギーに対して良くないという、
コメントはまだ頂いたことがない…と強気なことを書いたのですが。
なんでだろう?…とはじめは自分でも驚き…考えたところの理由は、
当店の「手づくりゴハン」は基本7食セットの日替わりとして
お届けしているからだと…。

ワンコに「手づくり」がいいのはもちろんですが、
家庭で作るとどうしてもある程度の量ができるし、買っても多い。
そうなると、必然的に続けて同じものを食べることになり、
アレルギーで困っている「ワンコ」は過敏になっているので、
少しの蓄積でも新たなアレルギーを引き起こす「キッカケ」になる。
のではないかと…。

「wanpakugohan」はコストや手間がかかるのを敢えて理解したうえ、
1食づつの「個包装」にし、「冷凍真空パック」にし、栄養バランスも考え
「内容の食材を分散させた7食の基本レシピ」を考えています。

続けて同じものを食べさせない…これもやはり、「ポイント」ですね。


「アレルギー」と「手づくりゴハン」いかがでしたか?
もっともつと書きたいコトは山ほどあるんですが、
文章力が追いつかないようで…。
とても恐縮ですが、これでも何かのお役に立てれば…。

あと「wanpakugohan」の基本姿勢として、

おウチで愛情いっぱいの「手づくりゴハン」を毎日自炊されるのが、
本当は「ワンコ」にとっては最高の幸せなんじゃないかと…。
じゃんじゃんご家庭で「手づくり」して欲しいな…と。

ただ、人間の食事にくわえて、毎日作るのはかなり難しいのは、
「wanpakugohan」もよく知っています。
また、作り出すと今度は栄養バランスとか気になってしまうし…。
続けられない…。

いろいろ大変だから…。
そんな理由で諦めざるおえないのは、あまりにもったいない。
諦めちゃうぐらいなら…作ります私達が。
ここまでしたら「最高にいい手づくりゴハン」でしょ。…というものを。

「本当なのぉ」と、お試し頂くのも良いし…。
「これいいね」と、続けて頂くのも良いし…。
「アンビリバボー」と、ずっと続けて頂くともっと良いし…(笑)。

そんなわけで、なによりおウチで「手づくり」が一番…。
できれば「wango」は二番でお願いします(笑)。
[PR]
by wanpakugohan | 2012-10-08 14:30 | 【手づくりの理由】 | Comments(0)

手づくりの理由【アレルギーってそもそも何?】

ご覧頂きありがとうございます。
このカテゴリ「手づくりの理由」では、いろいろ考えることを真面目に
書いてみたいと思います。内容は主観を含みますので予めご了承ください。
かなり面倒くさい内容ですから、ご興味のある方だけお読みください。

手づくりの理由【アレルギーってそもそも何?】

よく、抜け毛や湿疹などの症状になるワンコがいますね。
中には、ひどい症状に苦しむ可哀想な子もいます。
具体的には、下痢や嘔吐、多発性耳感染症などなど
これは「アレルギー」ですね…。

で、ここで素朴な疑問として、
それじゃ「アレルギーってなに?」
でもって「アレルギーってどうすればいい?」となりますが…。

「アレルギー」は体の拒否反応が過剰に現れたもの…なわけです。

人間にとっての花粉症を想像してもらうと判りやすいです。
クシャミ、鼻水、涙…などで「アレルゲン」を体外に追いやろうとします。
また、腐ったものを食べてしまった場合も同じです…ウェッと吐きますね。

ワンコも自分の体を守ろうと「免疫機能」が反応しているのです。

この「免疫機能」が働くことを「アレルギー」と言っているのです。
つまり、悪いものを体が拒否して排出しようとしているのですから、
「免疫機能」自体はむしろ大切なのです。
ただ、「アレルギー」になるほど過剰反応する事が問題なのです。

「アレルギー」は放っておいて良くなるものではありません。
ネコも含むペットの「アレルギー問題」は最近になって特に深刻です。
これは、遺伝や生活スタイルの変化に伴うストレスであったり、
食べ物の中の「特定タンパク質」が原因だろうと考えられます。

まぁ、生活スタイル自体はおいそれとは変えられないし、
遺伝が…も、もちろん無理なので、
原因となる「アレルゲン」を特定し、
食べさせないようにするというのが一般的な「アレルギー」への対処です。

ただ、人間などもそうですが、
「ソバアレルギー」や「ピーナツアレルギー」のように強烈なもの、
「アナフラキシーショック」以外にも、
(アレルギー反応が強すぎてショック状態になる危険なもの。)
この「アレルゲン」なるもの、かなりたくさんあるんです。

ワンコの場合は、「代表的な食物タンパク質」として、
(牛肉、鶏肉、小麦、鶏卵、トウモロコシ、大豆、乳製品などがあります。)
また、コメ類などが「アレルゲン」となる場合もあります。

そして、この「アレルゲン」は往々にして、
複数の食物に反応することもあります。やっかいなんです。
例えば、米類と肉類(牛肉、とり)おまけにトウモロコシとか…。

もう、こうなると飼い主さんはパニック状態です。
「何を食べさて良いのやら?」途方にくれてしまいます。

しかも、「アレルゲン」の検査はとても高価で、
検査自体がワクチンのようなものですから、
新たな「アレルゲンを誘発する」リスクもあります。

「じゃ、一体どうすればいいのよっ?」
と、なるわけですが、有名な「須崎先生」も書いておられるように、
ワンコの「免疫機能」を改善するために「消化吸収」をしっかりできる、
身体づくりが一番でないかと「wanpakugohan」は考えます。

「消化吸収」をさせるということは、腸を動かすこと…。
栄養をしっかり分解して、きちんと吸収するという、
生き物本来の行為を取り戻して、身体を「活性化」させること。
つまり、「手づくりのゴハン」にする、ということです。

そもそも便利な「ドライフード」は内容物の明記が怪しいばかりでなく、
問題の「タンパク質」などが凝縮されており、
ワンコ本来の消化吸収機能を活性化しませんが、吸収率は良いのです。
さらに、「高機能フード」はそれをさらに吸収しやすいように、
様々な研究を加えているのですから、ワンコの負担はさらに少ないのです。

「なんだ、負担が少ないのはイイことじゃん…。」
と思われましたか?

いいえ…。
少ないということは、必ずしも良くありません。
要は使わないのですから、消化機能は「減退」します。
(これらが良いのは、もう自力で消化吸収できない子だけなんです。)

「減退」するということは、「タンパク質」をしっかり分解できなくなり、
蓄積した「アレルゲン」が免疫機能に引っかかり、過剰反応を起こす。
つまり、少し強引なようですが、高機能になればなるほど
「アレルギー」を誘発する可能性があるということです。

おまけに、「アレルギー」対策としての、
療法食や高機能加水分解フードなどは、
その「アレルゲン」自体ですら、
吸収させないようにするというものですから、
これは徹底しています。しかもよく考えると物凄く高価なんです。
(これらと比べると、「wango」の方が安い場合もあります。)

ここまででお気づきになった方もいるかと思いますが、
「アレルギー」に対する食事療法は
これまでのところすべて、「対処療法」なんです。

原因を解決する訳でなく単にスルーしています。
「臭いものには蓋をする」という、アレです。

高い検査費用を出して、高価な対応食を食べさせたのに、またなった!!
実によく聞くお話なんですが…。
仕方ないんです。原因となっている問題は放置されていますから。

この「アレルギー」、ワンコだけでなく人間にとっても深刻ですよね。
ところで、アフリカの方は「アトピー」とかになるんでしょうか?
昔の人は「花粉症」になっていたでしょうか?
もちろん、ほぼありませんでした。(ゼロ…ではなかったでしょうね。)
そう思うと考えされてしまいますよね…。

※人間の場合、原因は食事だけだはありません。
生活環境など様々な要因があり、もっと複雑ですからご注意を。

ワンこの場合は、
体が小さいことと、食事に占める影響が大きいということで…。
食事が大きなウェイトを占めます。
でも、人間と同じように昔は「アレルギー」は少なかった筈です。

まとめると…
「アレルギー」は、体を守るための「免疫機能」
「アレルギー」は、その「免疫機能」を高めることが根本的な解決。
そのためには、ちょっとのことに過敏にならない、「元気で強いカラダ」を作りたい。

…となります。


ここまでお読みになっても、
あなたは、さらに高いお金や貴重な時間を費やし、検査します?
高機能ドライフードを替え続けます?


中には、検査したらトリがダメだったので、
ラムにしたら一時良くなったがまた再発した…なんてケースも。
その次は、例えばナマズ(!)とかワニ(!)ですか…。
まったく笑えないケド…。

「wanpakughan」は、
検査やドライフードを決して全否定しているのではありません。
大切だし、便利です…しかし、

「かわいい我が子のためにどうにかしたい…」

そんな切実なお気持ちに触れると、
「う〜ん」と考えさせられてしまいます。なんとかお力になれれば…
という想いでお店をやったり、こんな文章を書いているのです。

次回では、
「アレルギー」と「手作りゴハン」についてもう少し書きたいと思います。

※書いてあることが全て正解というワケではありません。
しかし、実際の経験からのお話ですから、
何らかのご参考に…役立て頂ければと思います。

時々考える真面目なコトを、書きとめてみたくて始めたので、
すいませんが、文章が上手くまとまっていない場合もあります。
※多分に個人的な意見を含みますので、内容の賛否はご容赦ください。
[PR]
by wanpakugohan | 2012-10-01 14:13 | 【手づくりの理由】 | Comments(0)

手づくりの理由【ペット用生肉はいいのか?】

ご覧頂きありがとうございます。
このカテゴリ「手づくりの理由」では、いろいろ考えることを真面目に
書いてみたいと思います。内容は主観を含みますので予めご了承ください。
かなり面倒くさい内容ですから、ご興味のある方だけお読みください。

手づくりの理由【ペット用生肉はいいのか?】

最近、通販サイトなどで「ペット用生肉冷凍」なる商品が売られています。
いろいろなサイトや文献などで、ご自身でも勉強されると分るのですが…
ワンコに生肉って、はたして本当によいのでしょうか?

とあるサイトの記述に…
ワンコはもともと生食と…だから生食が当たり前ですっ!…的なことが
書いてありまして。これには当方、若干異論がありまして…。

一概に生肉を否定する訳ではありませんが、これは重要なことですから。
そもそもになりますが、「もともと」…の定義が理解できません。
それは狩猟犬のことですか?それともオオカミのことですか?
現在のペット…ワンコのことではないですよね。

そんなこと言い出したら、人間だってもともと野生のサルでしょうが…。
イイものは理解できますが、当然だ…的な言い回しは問題です。

確かに、生肉には豊富なミネラルや良質なタンパク質が多い。
重要な酵素やビタミンも含まれるでしょう…。
しかし、ワンコが愛玩動物(この言葉は嫌いです)として、
長い年月の中でヒトと暮らすために改良されてきた歴史を考えると、
なんでも生食というのは、今更少し乱暴じゃないかと。
(良いものを少しのトッピングはアリです。これは理解できます。)

当の人間ですら、わざわざ生肉食べないんです(ユッケ禁止だし 笑)
躯の小さいワンコに生肉をあげるのはリスクないですか?
実際に調子を崩した…という相談をお客様からよく受けます。
で、「wanpakugohan」的にいろろ考察すると、
今の子は、生肉用の消化機能が減退しているのではと考えます。
(食べれないのでなく、機能的に弱くなっている…という解釈)

この論理…ものすごく鮮度に自信があるならいざ知らず…。
生はイイっ!と声だかに宣伝している、くだんの通販サイトさんほど、
レビューに酷評が多いことで、実証されてないでしょうか?

なんで、こんなことをくだくだ書き出しているかと言うと…。

いろいろ仕事柄、あちこちからお肉などを買い入れている訳ですが、
ワンコ用と書かれているものほど大抵、あまりよろしくないっ!
(中にはとても良心的なお店があるのは承知の上で、あえて書きます。)

例えば、部位的に品質が良くないのでヒト用にならない…とか。
切り落としの…さらに残りをまとめたようもの…(屑肉)とか。
鮮度的に微妙な感じのするもの…とか…まったく。

お肉屋さん的には、捨ててしまうのは勿体ない…つまりワンコ用。
という図式が見て取れます。←まったく嬉しくないですが…。

まぁ、通常よりお安い金額設定な訳ですから、
百歩譲ってそれもアリとしましょう。
ヒトにもワンコにも役立ってくれてエコなら…。

しかし、しかしですよ…。

その安いお肉を、ワンコの生食用として大きく宣伝するのは…。
これは良くないじゃないですか。非常に良くないっ。
いくら何でも図々しすぎでしょ。

良心的にワンコ用生肉を販売している業者さんがかわいそうです。

前半で少し書きましたが、今やワンコはヒトと同じく様々な病気に悩む、
手術もできる、長寿にもなった、そんな時代です…。

ヒトもワンコも飽食の時代…。

ある意味の生肉は理解できますが、本来の鮮度をクリアするためには、
ヒト用ですら、おいそれと買えない値段になるでしょう…当然。
みなさん、スーパーで朝びき地鶏が妙に安かったら怪しみません?

そう考えるとやはり、加熱して火を通したものが安心じゃないですか。
それも、ある程度の値段はしても…。
「wanpakugohan」はそう考えて、人食用のお肉を使ってます。
こればかりは「コダワリ」ですから、変えられないし変えません。

粗悪なドライフードよりはマシなお話…いやっ。
やっぱり嫌ですよねぇ…質の悪い生肉を食べさせるのなんて…。

よろしければ、心の片隅にメモっておいてくださいませ。
「安いワンコ用の生肉には注意したほうがいい。」

極論すれば、スンゴク高かったら…アリ(笑)かも。

※書いてあることが全て正解というワケではありません。
しかし、実際の経験からのお話ですから、
何らかのご参考に…役立て頂ければと思います。

時々考える真面目なコトを、書きとめてみたくて始めたので、
すいませんが、文章が上手くまとまっていない場合もあります。
※多分に個人的な意見を含みますので、内容の賛否はご容赦ください。
[PR]
by wanpakugohan | 2012-09-24 22:00 | 【手づくりの理由】 | Comments(0)

手づくりの理由【ドライフードは不安?】

ご覧頂きありがとうございます。
このカテゴリ「手づくりの理由」では、いろいろ考えることを真面目に
書いてみたいと思います。内容は主観を含みますので予めご了承ください。
かなり面倒くさい内容ですから、ご興味のある方だけお読みください。

手づくりの理由【ドライフードは不安?】

よく、ドライフードは栄養バランスに優れているのでそれだけで大丈夫…。
と獣医さんなどに言われます。飼い主としては素直に「なるほど…」と、
なる訳ですが、はたして本当にそうでしょうか?

ドライフードは多種多様でいろいろあります。一概にドライは大丈夫なんて
少し乱暴ですよね。もちろんドライの機能性の高さは良く理解できます。
最近は添加物・保存料不使用の良心的なものも増えてはきています。
ただ、合成保存料でなくても自然由来なら使っても保存料なしとしたり、
表示上のトリックのようなモノがあるのも事実です。
(まぁ、極端なことを言えば、人間が食べる「コンビニごはん」だって、
決して安全とは言えないんですよね…実際。)

もちろん、あまり神経質すぎるのもどうかと思います。
しかし、人間と違って躯の小さいワンコは食事の影響が大きいので、
ドライフードにはぜひ、注意して頂きたいと思うのです。
これは実際に「手づくり」を試してみるとよくわかるからです。

例えば…ウンチの量(キレイなお話でなくスイマセン)

ドライフードの中には、膨張剤入りのものが意外なほど多く存在します。
これは、腸の中で膨張することでウンチの量を増やしています。
飼い主さん的には、ウンチの量が多いと「今日もたくさんしてくれた」と、
なんだか安心できるからでしょうか…量が多い方が健康的に感じます。
しかし、ドライフードの中身に膨張剤が含まれているということは、
反面、良質な栄養が少なくても判らない…ということでもあるのです。

その証拠に、通常のドライから「手づくりゴハン」にすると驚きます。
同じ量をあげても、ウンチの量がとても少なくなるからです。
これは、腸がきちんと消化吸収しているためで、決して不健康なのでは
ありません。本来のウンチの量はこれが正しいのです。健康なのです。

話が少し戻りますが、
獣医さん的には、人間のゴハン的(塩分や砂糖を多く含む)なものを、
あげるぐらいなら、ドライフードを与えた方が栄養的に良い…と、
考えるのであって、きちんとワンコ用に調理したゴハンと比較して
論じている訳ではない…
ということをぜひ知って頂きたいと思います。

現在は積極的に「手づくりゴハン」を勧める先生もでてきました。


時々考える真面目なコトを、書きとめてみたくて始めたので、
すいませんが、文章が上手くまとまっていない場合もあります。
※多分に個人的な意見を含みますので、内容の賛否はご容赦ください。
[PR]
by wanpakugohan | 2012-09-20 23:23 | 【手づくりの理由】 | Comments(0)

最近よくあるお問合せ〜ダイエット♥

皆様こんばんわ。
いよいよ7月に入ってしまいました。
なんだかこの頃、時間が早い…もちろん気のせいでしょうが。

とにもかくにも、たくさんのリピートご注文ありがとうございます。
この場をお借りして、スタッフ一同とても感謝です。
せっせと作っております…。

ところで、最近よくあるお問合せの中に「ダイエット」があります。
美味しく食べて更にいい感じ…と、お客様にお褒め頂きます。

これはやはり、
無添加の手づくりで、消化機能を活性化するからだと思います。
ワんちゃんはしっかり咀嚼する生き物でないので、
もともと胃や腸が活発に動くべきです。
しかし、ドライだとそうもいきません。
高カロリーな栄養添加物や膨張剤なども使用していないため、
なおさら効くのだろうと思っています。

しかし、最近多い「ダイエット」のお問合せで、
一番驚くのは、主食が「おやつ」という飼い主さんが多いこと…。
ジャーキーしか食べない…チーズボールしかダメ…とか。
聞いていると、かなり激しい偏食傾向の子が多いみたいです。
おかげさまで、「wango」は大丈夫と言われる飼い主さんも多く。
正直「ホッ」としますが…
ドライに見向きもしない子が増えているのは事実のようです。

先日、某大手ペットショップを覗いた時に、
「おやつ」を大人買いしている方が居たのを思い出してしまいました。
カゴいっぱいの「おやつ」…。
その時は「きっと、たくさんいるんだろうな…楽しそう」ぐらいにしか
思わなかったんですが、あれは、「ごはん」の代わりだったんですかね…。

気づいてみれば、かなり深刻な問題ですよね。

肥満でお困りの飼い主様。
「おやつ」のあげすぎは肥満の第一要因。
しかし、大喜びする姿を見ると、ついつい…これがねぇ(笑)。
気持ちはめっちゃわかりますよ、えぇ(笑)。
でも、心を鬼にして頑張ってください。
[PR]
by wanpakugohan | 2012-07-02 22:40 | 【手づくりの理由】 | Comments(0)

感謝です。本当にありがとうございます。

先日、当店にお客様から激励のメールを頂きました。

対面販売できない、ネットショップという形態上、
お客様からお声をかけて頂くことほど、嬉しいことはありません。
ほんとにスタッフ一同感謝しております。

H様、ありがとうございました。

ぜひ、サイトにも紹介させて頂きたいのですが、
一部だけ抜粋で掲載させて頂きたいと思います。

我が家の娘(ヨークシャーテリア)は
現在16歳、この8月で17歳になります。
お陰さまで、年齢をまったく感じさせず
元気に毎日を送っています。
仕事を持つ私にとりましては
こちらのご飯は本当に助かっております。
が、それだけではないのです。
今まで、他のお店にも発注してみましたが・・・
違うのです。
量・味、すべて、うちの娘に合っているようなのです。
こちらのご飯だけは、いつもきれいに残さず食べてしまいます。
むしろ、もう少し食べたい、と言った様子なのです。

…とコメントを頂きました。
H様、メールを頂きありがとうございます。
※文章は一部抜粋、無修正です。

いろいろ伺うところによると、
H様のところのお子さんは16歳にして、とてもお元気とのこと。
本当に何より嬉しいことですよね〜。

とにかく元気に長生き…やっぱり最高です。

メールを頂いて、「wanpakugohan」も何だか自分のことのように
嬉しくなりました。
[PR]
by wanpakugohan | 2012-06-21 15:08 | 【手づくりの理由】 | Comments(0)

16年目にして○○○した…らしい♡

e0246661_9274916.jpg

photo by 2011©focusdesign all rights reserved.

おはようございます!
10月も半ばを過ぎました。中部地区は今日いい天気なので行楽にでも
行きたいなぁなんて思いますね。まぁ、思うだけですが…。

上の写真は【wango】です。
急速冷凍真空パックの手づくりドッグフード…長っ!
1食ずつ小分けしてあるので、ムダなく便利です。
前日に解凍しておけば、当日はレンジで軽く温めるだけととても簡単です。
レシピは7種類、1種間日替わりできるから、飽きずに食べてくれます。

まだ、売り出したばかりですが、
販売開始前の試食で、かなり多くのモニターさんにご好評頂いています。

で、やっと今日のネタ。
そのモニターさんの中でも、ちょっと変わったエピソード…から。

ワタシの知り合いのところに
16歳の女のコ(雑種?)がいまして…16歳となれば、かなりのおばあさん。
10歳や12歳は意外といますが、16歳はかなりのご長寿で、さすがに珍しい。
ぜひ、モニターとして【wango】を食べてもらって様子が知りたい。
とお願いしていたのです。

最近はさすがに歳のせいか、少し元気は無いとのこと。
食べもそう良くない…。そこで、
16年目にして、生まれて初めて手づくりの【wango】を
食べてもらいました。

一度でも手づくりを食べたことがあるコは、
食べる前から、その匂いで大興奮〜となる訳ですが、
このコに限ってはそれはなし…まぁ、16年にしてはじめてだもんね。

それでも、食べだした時の勢いはスゴかったらしいです。
未知との遭遇って感じね…。

で、食べ終わった後、
その場で、オシッコ漏らしちゃった…そうです。
もちろん、16年目にして初めての…ウレション♡。

これまで一度もトイレ以外で粗相はしたことないらしく、
飼い主さんもこれにはびっくり。

その後も食べてもらってますが、
相変わらず食いつきも良く、便の状態もとても快調とのこと。
さすがにオシッコは最初だけらしい…。

ワタシが昔飼ってた雑種も、何かあまりに嬉しいことがあると、
ウレションするのを見たことがあります。
経過を考えると、やっぱり、ウレションでしょうか…。
ちなみに、やっぱり女のコだった…。

モニターさんからのお話で良くあるのは、
 マテができない…。
 ずっとお皿を舐め続けている…。
 興奮して飛び回る…。

などですが、かなり多くのサンプルを配った中で、
ウレションした…は初めてのご報告。

まだまだ販売開始したばかりですが、
いろいろ頑張って【wango】を作ってホント良かったなと
思いました。チャンチャン♪  

※手前味噌な話で、勝手に自分だけ喜んで申し訳ありません。
 でも、ちょっと良いお話…でしょ。


 ところで、
 ウレションまでは保証できませんが(笑)、
 今のところ、【wango】は完食率98%以上と、
 なかなか(というか驚きの)好成績なんですョ。
 ※自分で驚くなよ…って気もしますが、驚いてる…。

 [1匹だけ、生肉派のコが野菜だけ残した…惜しい。
 ワガママ巨大犬のろくさん(Mダックス /♂ 趣味/サッカー 特徴/デカイ)
 これについては、ワタシ個人的にリベンジを誓っております。ハイ(笑)。]
 
[PR]
by wanpakugohan | 2011-10-18 10:57 | 【手づくりの理由】 | Comments(0)


【wango】blog


by 【wango】

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

3月5日(日)「神戸わんわん..
at 2017-03-04 23:41
【wango】12月4日神戸..
at 2016-12-01 17:22
パナのルミックスLX100…..
at 2016-11-23 16:15
週末に名古屋市西区に出かけま..
at 2016-11-15 20:33
本日天気はアレですが営業に出..
at 2016-11-14 17:22

カテゴリ

【wango】の日記
 
【手づくりの理由】
 
【wango】イベント
 
【wango】のゴハン
【wango】季節商品
【wango】のオヤツ
 
【wango】旧記事

以前の記事

2017年 03月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ブログパーツ

その他のジャンル